トップページ > 警察の紹介 > 広域緊急援助隊

ここから本文です

広域緊急援助隊

~大規模災害に全国から駆け付ける災害対策のエキスパートチーム~

 

 広域緊急援助隊は、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災における災害警備活動の経験を踏まえ、災害対策のエキスパートチームとして、同年6月1日、全国の都道府県警察に設置されました。

 現在、広域緊急援助隊は、救出救助活動を行う警備部隊、緊急交通路確保等を行う交通部隊及び身元確認等を行う刑事部隊から構成されています。同部隊には、警察活動に必要な情報通信を確保するため機動警察通信隊が帯同しています。

 東日本大震災においても、地震発生直後から、岩手県警察、宮城県警察及び福島県警察に対して全国の広域緊急援助隊が派遣され、津波による被害状況が判明しない中で、救出救助、緊急交通路の確保、検視、身元確認等の災害警備活動を行いました。

 

シンボルマーク



 マーク全体は、鳥をイメージし、部隊の迅速な出動を表現しているほか、鳥の胴体は日本列島、翼はセーフティー・スピーディー・スペシャリストの「S」、赤色の丸は、被災者救出に寄せる広域緊急援助隊の情熱、黄色の丸は、警察と地域の連隊の輪を、それぞれ示しています。

 

組 織

 

 広域緊急援助隊は、全国すべての都道府県警察に設置され、約5,600人の隊員から構成されています。隊員は、機動隊員、管区機動隊員、交通機動隊員及び高速道路交通警察隊員の中から、災害警備に対する能力、体力、気力等を備えた者が選考されています。

 また、平成17年には、極めて高度な救出救助能力を必要とする災害現場において、被災者をより迅速かつ的確に救出することを任務とする特別救助班(Police Team of Rescue Experts:通称 P-REX ピーレックス)が全国12都道府県に設置されました。東北では、宮城県警察に設置されています。

 

 

被災地における活動状況(東日本大震災)

【警備部隊による行方不明者の捜索・救出救助】

 行方不明者の捜索に際しては、多数のがれき、土砂の山積、津波による浸水が活動の妨げとなったほか、積雪等による過酷な環境下での捜索・救出救助活動を余儀なくされました。

 ※ 写真下の( )内は、活動場所。

 

(岩手県大船渡市)

 

(岩手県上閉伊郡大槌町)

 

(宮城県気仙沼市)

 

(宮城県気仙沼市)

 

(福島県相馬市)

 

(福島県相馬市)

 

(岩手県釜石市)

 

(岩手県釜石市)

 

(宮城県本吉郡南三陸町)

 

(福島県相馬市)

 

(宮城県仙台市若林区)

 

 

被災地における活動状況(東日本大震災)

【交通部隊による交通規制及び緊急交通路の確保】

 

 被災地では、信号機が倒壊したり道路が冠水して通行できなくなるなど、交通基盤に大きな障害が生じ、緊急交通路を確保するための交通規制や信号滅灯交差点等における交通整理を実施しました。

    ※ 写真下の( )内は、活動場所。

 

(岩手県宮古市)

 

(宮城県石巻市)

 

 

【刑事部隊による身元確認等】

 犠牲者の御遺体は、警察において検視等を行い、身元を確認した上で遺族に引き渡すこととしており、断水や停電等の厳しい条件の中、細心の注意を払っての確認作業が行われました。

 ※ 写真下の( )内は、活動場所。

 

(宮城県宮城郡利府町)

 

(福島県南相馬市)

 

 

被災地における活動状況(東日本大震災)

【原子力災害への対応】

 原子力発電所の周辺の住民に対し、避難指示等が発令されたことに伴い、福島第一原子力発電所及び第二原子力発電所周辺において、住民等の避難誘導、交通整理、検問等を実施しました。

 ※ 写真下の( )内は、活動場所。

 

(福島県南相馬市)

 

(福島県南相馬市)

 

(福島県双葉郡双葉町)

 

(福島県双葉郡双葉町)

 

(福島県いわき市)

 

(福島県南相馬市)

 

 

教養・訓練の実施状況 ~更なるレベルアップと連携強化に向け

平成24年6月「広域緊急援助隊北部三県合同訓練」青森県

 東北管区警察局では、青森県警察との共催により、青森県警察本部警備備部機動隊において、青森、岩手、秋田の各県警察の広域緊急援助隊による北部三県合同訓練を実施しました。

 

切断機操作訓練

 

放置車両移動訓練

 

車両からの救出救助訓練

 

倒壊家屋からの救出救助訓練

 

検視・身元確認等訓練

 

映像伝送訓練

 

 

平成24年7月「広域緊急援助隊南部三県合同訓練」山形県

 東北管区警察局では、山形県警察との共催により、山形県警察三隊合同庁舎において、宮城、山形、福島の各県警察の広域緊急援助隊による南部三県合同訓練を実施しました。

 

被災情報収集訓練

 

放置車両移動訓練

 

レンジャー訓練

 

切断機操作訓練

 

狭所からの救出救助訓練

 

映像伝送訓練

 

 

平成24年9月「東北管区広域緊急援助隊総合訓練」青森県

 東北管区警察局では、青森県警察との共催により、大規模災害の発生に備え、広域緊急援助隊の救出救助能力の向上及び関係機関との連携強化を図ることを目的として、平成24年9月4、5日の2日間、新青森総合運動公園を主会場に、東北管区広域緊急援助隊総合訓練を実施しました。

 

被災情報収集訓練

 

緊急交通路確保訓練

 

座屈ビルからの救出救助訓練

 

土砂埋没車両からの救出救助訓練

 

原子力事故対応訓練

 

検視・身元確認等訓練

 

 

平成24年9月~10月「学校教養」東北管区警察学校

 大規模災害発生時に警察救助部隊の中核として活動する広域緊急援助隊警備部隊の指揮官を集めて、災害警備活動に必要な知識の習得や現場指揮能力の向上等を目的とした教養・訓練を実施しました。

 

装備資機材の取扱い

 

急流における救助訓練

 

車両からの救出救助訓練

 

現場指揮訓練

 

狭所における救出救助訓練

 

狭所における救出救助訓練

 

 

警察の紹介